ニキビをなくして笑顔になろう。

メカニズム

にきびを治療するには、まず、にきびができるメカニズムを理解することから始めましょう。にきびの発生メカニズムを知ることで、治療法に対する理解もしやすくなります。

にきびはとは、皮膚の毛穴がふさがってしまっている状態です。
その最も代表的な原因は、皮脂の過剰分泌です。皮脂は、毛穴の奥にある皮脂腺から分泌されます。それが過剰分泌されると、毛穴の中に皮脂が溜まりやすくなり、詰まってにきびになってしまうというわけです。その皮脂が原因となって毛穴の中にアクネ菌が繁殖すると、周りの皮膚組織が炎症を起こし、にきびがさらに悪化してしまいます。
顔、胸、背中などは、皮脂分泌が特に多いと言われています。そのため、顔や胸や背中にニキビができることが多いのです。
皮脂分泌が過剰になる原因の1つは、成長ホルモンの影響です。思春期になると、成長ホルモンがたくさん分泌されるため、皮脂分泌が過剰になりやすくなります。顔のおでこと鼻筋、いわゆるTゾーンと呼ばれる部分は、思春期の皮脂分泌が特に顕著になります。そのため、中学生から高校生くらいの頃に、顔のニキビに悩まされる人が多いのです。
また、ストレスも、皮脂分泌を増やす原因となります。自律神経のバランスが崩れると、ホルモン分泌にも影響が及び、皮脂の分泌が多くなるというわけです。思春期でもないのに、急にニキビが増えてきたら、それはストレスを感じている証拠かもしれません。

また、にきびは、肌トラブルの1つであると考えられます。そのため、肌のターンオーバーが乱れ、肌の再生力が低下すると、にきびができやすくなってしまいます。
私達の肌は、ターンオーバーによって古い角質が剥がれ落ちることにより、新しい肌に生まれ変わることができるのです。ですが、古い角質がいつまでもお肌に留まっていると、毛穴をふさいでしまいます。その

原因はどうあれ、にきびは毛穴が詰まることによって起こります。そのため、毛穴を詰まらせている原因を改善し、毛穴を綺麗にすることが、にきび治療の基本です。
皮脂の過剰分泌が原因なら、皮脂の分泌を抑える治療法が有効です。また、毛穴を塞いでいる角質を除去する治療法もあります。
既に炎症を起こしているにきびの場合は、アクネ菌などの原因菌を除去するための治療が採用されることもあります。
にきび治療の実績豊富なドクターに診断してもらえば、あなたのにきびに適切な治療法を提案してもらうことができるでしょう。

PAGE TOP