ニキビをなくして笑顔になろう。

お肌の悩み

顔ににきびを見つけると、一気にブルーな気持ちになってしまうものです。
顔ににきびができると、途端に、周りの全ての人が自分のにきびを見ているような気になってしまいます。ですが、メイクで隠したくても、メイクをすると余計に悪化するというリスクを負うことになるのです。
にきびは、顔の毛穴に皮脂が詰まることによって起こります。そのため、皮脂の分泌量が多い思春期に多いというイメージがあります。中高生の頃、顔にポツポツとできる吹き出物に悩んだ経験がある人は多いことでしょう。

ですが、にきびができるのは、思春期の頃だけではありません。最近は、大人ニキビという言葉も登場しています。
大人ニキビの原因として挙げられるのは、肌のターンオーバーの乱れです。ターンオーバーとは、皮膚の古い角質が剥がれ落ちて、新しい肌に生まれ変わるサイクルです。一般的に28日程度が、ターンオーバーの周期だと言われています。
ところが、老化、ストレス、栄養不足、睡眠不足などから、ターンオーバーのサイクルが乱れることがあります。すると、古い角質が落ちずに肌に留まってしまうため、毛穴が詰まりやすくなり、にきびができてしまうのです。
大人になると、ストレスを抱えたり、不摂生をしたりしてしまいがちになります。そのような生活習慣を続けていると、大人ニキビが顔にポツポツと現れてくるかもしれません。

ですが、大人には仕事、家事、育児などがありますから、ストレスフリーで生活することは難しいでしょう。生活習慣を整えたくても、そう簡単に整えられないこともあります。
そんなとき、大人ニキビができてしまったら、新たなストレスを背負い込むことになります。すると、肌のターンオーバーがますます乱れて肌の状態が悪化するという悪循環に陥ってしまいかねません。
大人ニキビができたら、病院で治療するというのも1つの方法です。特に、顔にできるにきびの悩みなら、美容外科や美容皮膚科に行くことをオススメします。
美容外科や美容皮膚科なら、お肌を綺麗にすることを一番の目的として、肌トラブルを改善するサポートをしてくれるからです。
また、にきびの治療だけでなく、にきび痕を綺麗に消す施術もあります。にきびを予防したり、シミやシワなど、ニキビ以外の肌トラブルについて相談するのもOKです。
お肌のことで困ったら、一人で悩むのではなく、まずは気軽に美容外科や美容皮膚科の無料カウンセリングに行ってみましょう。

PAGE TOP