ニキビをなくして笑顔になろう。

白にきびと赤にきび

にきびには、進行具合によって、2つの段階があります。ファーストステージは「白にきび」、セカンドステージは「赤にきび」と呼ばれています。
にきびを予防・改善するためには、まずにきびについての理解を深めることが大切です。自分のにきびがどのような段階にあるのかを知って、有効な対策の発見につなげて下さい。

まず、白にきびと赤にきびの見分け方を説明します。
白にきびは、名前の通り、白っぽいニキビです。毛穴に皮脂が溜まっているため、触れるとボコボコする感触はありますが、見ていて痛々しい雰囲気はありません。
一方、赤にきびは、白にきびが進行した状態です。皮膚が炎症を起こしているので、赤く腫れてしまいます。ひどいものになると、ポツポツと部分的に赤いだけでなく、周囲一体が広範囲に赤くなってしまうこともあるのです。
赤にきびになると、皮膚の免疫力が低下して、感染などのトラブルを引き起こしやすくなります。そのため、触ったり刺激したりせず、早めに病院に行って専門のドクターに相談することが大切です。
また、赤にきびは、適切な治療をしないと、にきび痕が残る原因にもなります。赤にきびができる部分の毛穴はとても傷んで弱っているので、何度も再発してしまうこともあるからです。再発を繰り返すと、皮膚組織がどんどん劣化してボコボコになり、自然には消えない痕が残るというわけです。

このように、にきびは、白にきび、赤にきびと進行して、最終的にはにきび痕が残る恐れがあります。
にきびを綺麗に治すためには、できるだけ早い段階で治療することが大切です。
ですが、にきび痕ができたからと言って、諦めたり悲観的になったりする必要はありません。美容外科や美容皮膚科では、にきび痕の除去に効果的な治療法がたくさんあるからです。
そのため、にきびの程度や自分の希望に合わせて、適切な治療を受けることができるのです。

PAGE TOP