ニキビをなくして笑顔になろう。

ニキビ痕は治せる

「ニキビくらい放っておけば治る」「ニキビができたら、メイクで隠せばいいや」
そう思っている人は、すぐに考えを改めることをオススメします。ニキビは、きちんとケアせずに放置したり上からメイクをしたりすると、悪化することがあります。
ニキビが悪化すると、ニキビ痕ができてしまう恐れがあるのです。

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れが溜まることによって発生します。毛穴に溜まった皮脂や汚れは、菌にとって絶好のごちそうになってしまいます。そのため、ニキビを放置していると、毛穴の中で菌が繁殖する恐れがあるのです。
菌が増殖すると、周りの皮膚が炎症を起こしてしまいます。その結果、ニキビが治った後まで赤みが残ったり、クレーターと呼ばれる皮膚のボコボコができたりするというわけです。

ニキビ痕が残らないためにも、普段からニキビ対策をしっかりして、ニキビを悪化させないことが大切です。
ですが、既にニキビ痕ができてしまった人は、美容外科や美容皮膚科を受診すれば治療することができます。
美容外科や美容皮膚科には、ニキビ痕の除去に効果的な治療法が、たくさんあります。その中で、特に代表的な治療法の1つが、炭酸ガスレーザー治療です。
炭酸ガスレーザーは、水分と反応して熱エネルギーを発生させるという性質があります。そのため、ニキビ痕に炭酸ガスレーザーを照射すると、患部の水分と反応して熱が発生し、ニキビ痕の組織を破壊することができるのです。
そのため、ニキビ痕だけでなく、ほくろ、いぼ、膨らみのあるシミなど、様々な肌トラブルの治療に用いられます。

炭酸ガスレーザーによるニキビ痕治療は、今現在顔にニキビができているときでも、受けることができます。
ニキビ痕だけでなくニキビそのものにも有効なので、まとめて治療すると良いでしょう。ニキビにレーザーを照射すると、中に詰まっている皮脂や汚れを輩出することができるので、ニキビの治癒を促進することができます。^
また、レーザーの熱には殺菌効果があるので、患部を清潔に保つことができ、ニキビの再発防止にもつながります。

他にも、美容外科や美容皮膚科では、肌に電流を流して薬剤を浸透させるイオン導入や、ローラータイプの機器で肌を刺激し、再生能力を高める方法などがあります。
自分に合った方法を選んでニキビ痕を改善し、理想的な肌を手に入れましょう。

PAGE TOP